「らい★ゆん」ママの独り言!

毎日生活に追われて忙し日々・・・そんな心を癒してくれるパピヨンラブラブカップルの「らい」「ゆん」との生活での独り言。

Entries

頑張った「らい」♪~完全復活~(*≧∀≦*)

完全復活~~~!!

今日、「らい」の抜糸と取り出した腫瘍の検査結果を聞いてきました
結果は、良好♪
無事、完全復活宣言ができました(*≧∀≦*)

ということで、今までのダイジェスト
と言いつつ長いです

いつ自分の子に起きるかわからない病気
参考になればと思いますのでお付き合いくださいませ・・・

この長い1ヶ月半の始まりは、9月10日(水)の早朝からでした。。。
「ゆん」が朝から体調が悪く、いつもより不安が残り
初めて朝からお隣にお願いして預かってもらいました
「ゆん」は、預けている間に回復してきてはいましたが
念の為、病院に連れて行きました
診察が終わって、とりあえず処置を決めたあと
前から気になっていて、検査をお願いしようと思っていたのもあり
「らい」の検査もお願いしてみました
閉院時間の20分~30分位前でしょうか・・・
待っている人がいなければ良いですよと言っていただきました

ここで、何が気になっていたかというと・・・
(これを、病院、キャミック他沢山の人に聞かれたので・・・)
①寝ている時の息遣い・・・
  暑くてハァハァしているのとは違う、苦しそうな深い息なのに早い
②表情
  疲れやすいような、表情がダルそうな時があった
③行動
  涼しくなったのに、冷え冷えボードにばかり乗るが
  触ると熱がある訳ではない
  ※詳しい方に聞いたら、体の中が熱いのかもと言われていた
④体の異変
  背中が張っている
  ※偶然、ちょっと前に気功を受けたときに
    「らい」のことを相談してみたら、背中の張り指摘された

元々のきっかけのほとんどは①です
日々と違うのって、たぶん飼い主だけが「なんとなく変」と思うものだと思います

★おかしいなと思ったら、負担にならない程度の検査をしてみた方が良いと思います

その日のブログはこちら↓
『始まりは突然。。。』

この時、実は私は前からある『胆泥症』を疑っていました
ハーブを飲ませるようになり、体調が良くなっていたので
『胆泥症』の薬を先生と相談して減薬していたんです

私自身が胆石で発作の辛さを知っているので
背中の張りや痛さがあったので、再発したかなぁと・・・

★人間も犬も同じ病気になるので、自分がかかった病気など参考にすると良いかも

結果、先生に呼ばれエコーの結果を見せてもらいました
「胆嚢はゆんちゃんより綺麗です。。。ただ。。。腫瘍が見つかりました」
これが、今日先生に「もう大丈夫です」と言われるまでの長い苦しみの始まりの宣告でした

最初は、「悪性のガンに間違いないだろう」との言葉
絶句し、涙した時間はどれほどでしょうか・・・
たぶん、私にはすごくスローモーションに感じたから数十秒と思えますが
実際はごく短い時間だったでしょうね・・・
すぐに、先生に「まずどうしたら良いのでしょうか?」と質問
それと同時に、自分の考えを伝えました
・「らい」を病院にずっと入院させたまま最後を迎えるのだけは嫌だ
・負担のない治療、検査はできる限りする
・負担があったりリスクが大きい割に効果が少ないものは避けたい
それに対して、先生は
「保育園に朝預けて昼間病院で入院状態にして、
 夜はまた保育園に戻すから帰宅することもできますから」
とすぐに提案してくださいました
本当にありがたい限りです

まずは、レントゲンを撮るとよりハッキリわかるということで
すぐにレントゲンを撮り、内臓の外にあること、大きさが5cmもあることがわかりました
翌日は病院が休みだったので、翌々日に保育園に預けているあいだに
針を刺しての検査(無麻酔)をしていただくことになりました
その組織を先生が見て、明らかにリンパ腫とわかる場合にはリンパ腫の種類を調べる病理検査に出す
これにより、抗がん剤の中で効果がある種類を選ぶことができるので、色々試す必要がなくなる
決められない場合は、通常の病理検査に出し腫瘍がリンパ腫なのか、どういう腫瘍なのかを調べる
リンパ腫は抗がん剤が効くが、それ以外は別の薬または手術による摘出となるとのこと
正確な細かい部分はもっとあると思いますが、素人へわかるように説明してもらいました

金曜日の夕方、ドキドキしながら職場から病院へ連絡。。。
ショックを受けても大丈夫なように、誰もいないところでコッソリ・・・
そこで言われたのは「ガンじゃない可能性が高くなった」と予想外の嬉しい返答♪
ヾ(*´∀`*)ノ良かった~~~♪
とは言え、正式な検査結果とガンじゃなくても存在する腫瘍への対処があります

土曜日に再度診察を受け、採った組織を見せてもらいました
IMG_2771a.jpg
顕微鏡で見て、細胞の壊れたものと膿だとわかりました

とりあえず、正確な検査結果が出るまで抗生剤で小さくなる可能性にかけてみました
翌週、検査結果は先生の診断通りでした
エコーを再度撮ったら、少し縮んでいる♪
でも、先生が期待していたほどではなかったようです(;´д`)
ここから、3週間抗生剤で原因がやっつけられ、自然に吸収されることを期待してみました
この間、薬による倦怠感が「らい」を襲います
幸い食欲はありましたが、やはり血液検査でも薬による影響が少なからずありました
食育、ハーブなど色々教えてもらっている、えっこちゃんママさんに相談し
薬に負けないようにサポートするためのアドバイスや
私自身へのケアもしていただきました

★薬を飲むと言うことは、他の臓器にも負担がかかります!気をつけてください!!

3週間後。。。再検査したのですが・・・残念ながら全く変わらず・・・
IMG_3189a.jpg
このままだと、破裂して腹膜炎を起こすと大変と言うことで
手術で摘出するのが一番良い対処となりました

では、手術に向けてどうするか・・・
いきなり開いて、臓器に癒着していたら処置できずに閉じるだけで体の負担が大きい
但し、事前検査はCTを撮るしかないので麻酔をかけることになり
手術と合わせて2回麻酔が必要となる
幸い、「らい」は13歳の割に状態が良く、
今麻酔をしてすぐに手術になっても問題ないだろうとのこと
もちろん、麻酔前に血液検査などでチェックはしますけれど・・・

そして、キャミックで最短の予約を取り
癒着がないこと、手術による摘出が可能との判断をいただきました
これでダメだったら、どうしようという不安は解消しました

キャミックの先生には、かなりの早期発見であること
これは、飼い主ならではの発見と主治医の適切で早急な診断のおかげと言われました
「らい」の腫瘍はキャミックの他のセンターを含んでも数千頭見てきた中で今まで2頭しかいない
珍しいものだったそうです
この膿が身体に漏れたら、一気に体調が悪くなり
そこで手術して内臓を洗うことになるが、とても危険で大変だから
摘出できる状態でなによりだと言ってもらえました

手術の日。。。
朝、「らい」との時間をゆっくり持ちました
大好きな、コチョコチョしてベタベタして・・・嬉しそうな「らい」
IMG_3308.jpg

そして、病院へ・・・
先生に抱っこされてニコニコな子
IMG_3312.jpg

体力、状態は、この時点では最良状態
絶対大丈夫!
台風が来る予定だったけど、早く駆け抜けてくれて
晴天の中、病院に入れたのだから!!

「らい」を先生に託し、近くのカフェで手術開始まで時間を潰します
IMG_3314.jpg

「ゆん」も元気がありません
IMG_3322.jpg

手術を開始しますと連絡をもらい、
病院に車を横付けして「ゆん」と二人で待ちました
何かあったら、すぐに行きたいですからね

その間、2時間半・・・
「ゆん」は、外に出たいとカリカリ・・・
「らい」が病院にいるのを知っているので、行きたかったようです

終わったと連絡を受け、10分後に来てくださいと言われたのですが
すぐに入口まで行っちゃいました
数分外の椅子で待っていたのですが
「ゆん」は、待ちきれず・・・
病院嫌いの「ゆん」が、中に入りたいと訴えます
IMG_3325.jpg

IMG_3326.jpg

IMG_3327.jpg

無事を電話で聞いていたから安心していたのですが
「ゆん」にはわかりませんからね・・・
「ゆん」の気持ちを思うと胸が詰まります

中に入ってからも診察室に一直線
ケージが下の段だったので、無事「らい」「ゆん」が再会!
こんなのが出ました
IMG_3328a.jpg
麻酔をかけたので、状態が良ければ摘出手術後に
気になっていた歯石除去もしてもらうようにお願いしてありましたが
無事そちらも完了!
生きるための処置も一緒にしてもらえて、完璧です

「らい」は、帰りたいと訴えて泣き、必死に出ようとします
でも賢い子、撫でながらお泊まりだよと説得すると諦めました
この日は、水分のみとのことだったので、そんな「らい」を残し
一度帰宅してスープを作り、朝の手作りご飯を持って戻ってきました
スープもガブガブ飲んでくれて、元気一杯だったので
先生からお散歩に出て良いとの嬉しいお言葉ヾ(*´∀`*)ノ
病院の前でオシッコとウンPをしたら、
自ら病院に戻り、診察室へ・・・
大好きな看護婦さん達に抱っこされ、褒められてニコニコ顔です
「ゆん」はと言うと、「らい」に会えてホッとしたら
『もしかして、次アタチ???』と急に思ったらしく
すぐに帰ろうとしてましたよ( ´▽`)

1泊だけで退院。。。保育園に先に連れて行ってもらいました
保育園では、「ゆん」が待っています
そして、他頭飼いでのカラーは危険なので
こんなカラーを保育園からお借りしました
IMG_3333.jpg
これなら、「ゆん」が近づいても危なくないね

IMG_3335.jpg

IMG_3331.jpg

傷口はこんな感じです
IMG_3341a.jpg

ハロウィンのフランケンできるね
IMG_3339.jpg

帰宅して、しばらくしたら座ってウトウトしても寝ることができません
息も荒く、痛いのかなぁと・・・辛そうに見つめてきます
痛み止めももらっていないしどうしよう!゚(゚´Д`゚)゚辛いよね!痛いよね!!
とりあえず、雷とかで怖くて震えた時などに飲ませる落ち着くハーブを
ダメもとで飲ませて見ました
すると、10分もしたら大いびきで爆睡開始
良かったぁ(´∀`)
IMG_3344.jpg

IMG_3346.jpg

この日から数日間は、リビングで一緒に寝ました
「ゆん」も安心したようですね
IMG_3343.jpg

しばらくは、座り方が変・・・
腰に負担にならないとよいなぁと心配したけど平気でした
IMG_3413.jpg

抜糸の前日、どんな様子かと見てみたら・・・
IMG_3473.jpg

ここまで傷が治っているから、抜糸も平気そうね
IMG_3474.jpg
↑なんか、クマの顔みたい・・・色的にはディズニーのピグレット?(^ω^)

さぁ、病院に行きましょう!!
お出掛けにご機嫌な「ゆん」♪今日は嬉しい予感♪
IMG_3476.jpg

IMG_3479.jpg

手術や度重なる検査をした病院で、嬉しそうにしている「らい」
IMG_3480.jpg

病院は、やっぱり苦手という顔の「ゆん」
IMG_3483.jpg

抜糸した跡・・・
IMG_3485.jpg
すっかり傷は綺麗になってます
腫瘍も問題ないし、これで今回の治療は終了と嬉しいお言葉!!

病院を後にして向かった先は、手術の日に「ゆん」と一緒にいたカフェ
IMG_3489.jpg
ようやく、本当に落ち着いた時間を過ごせました
元気な「らい」と一緒に、ここに来れたことに感謝です

さぁ、このあと保育園のハロウィンイベントに
心から笑顔で行こうね♪
IMG_3488.jpg


沢山の方々に心配していただき、助けていただきました
本当にありがとうございました
みなさんのかけがえのない可愛い子たち
そして、ペットだけじゃなくご家族も必ず病気になります。
早期発見で軽く済みますように・・・
そして、看病する自分自身の健康や生活環境を気をつけてくださいませ・・・

今回お世話になった病院のブログです
『ベイタウンペットクリニックBlog』
色々為になる内容が載っています
是非一度ご覧下さい

このあとは、参考に腫瘍の写真を載せます
見たくない方は、PCの場合は続きを読むを開かないでください
スマホや携帯の方は、ここから下は見ないでくださいね






なんか、血管があるみたいに見えて
間違って臓器採ってないですよね?って冗談いっちゃいました
IMG_3328.jpg

IMG_3330.jpg

病理検査結果、断面はこんな感じだったそうです
IMG_3486.jpg

専門家を目指しているエル姉ちゃんには参考になったかしら?
スポンサーサイト

Comment

NoTitle

こんにちわ。

らいくん、良かったですね!
ゆんちゃん、心配だったでしょうね。
こういうことって、人より敏感ですからね~。
  • posted by アトムパパ
  • URL
  • 2014.10/27 08:42分
  • [Edit]

NoTitle

らい☆ゆんママさん、こんにちは。
らい君の体調の変化をきちんとキャッチされて、
大変なことになる前に腫瘍が発見され、らい☆ゆんママさんのファインプレーだったと思います。
らい君、手術よくがんばりましたね!
ゆんちゃんは苦手な病院なのに、らい君が中で
頑張ってるのがわかるんですね。
病院に入りたいって行動するなんてー。(涙)

手術が無事成功して、抜糸も終わり、元気ならい君を見れて良かったです!
らい☆ゆんママさん、不安な日々を過ごされたことと思います。(そんな中でルビーに会いに来てくださってありがとうございました。<(_ _)>)

保育園のハロウィン、お友達みんなと楽しめましたか~?
また記事のUP待ってますね。^^

PS.ブログのリンクいただいて帰ってもいいですか?
これからも、是非ブログで交流させていただきたいと思っています。
  • posted by ルビーまま
  • URL
  • 2014.10/27 10:59分
  • [Edit]

NoTitle

らいくん!ゆんちゃん!そして、ママもよ~く
頑張りましたねぇ~(#^.^#)

最初から最後まで読んでるうちに文字がにじんで
読めなくなちゃいました(T_T)
また、病院の外で待ってるゆんちゃんの姿は目に
焼き付いてます。

ホントに心配で心配でたまらなかったんでしょうね!

でもママは、強いですよ!いつも思います。
私は見かけ倒しで、これがチャペルだったらもう自分
自身が食事が喉を通らなくなって、フニャフニャになって
しまってる思います。
今回のらい君の事で、色んな面ですっごい勇気を
もらいました(^^)/

らい君!ゆんちゃん!ママ!ホントに無事に治って
良かったですね^_^
私もパパもチャペルも一安心です(*^^)v
また近いうちに一緒にお散歩行きましょうね\(^o^)/

  • posted by チャペルママ♪
  • URL
  • 2014.10/27 13:12分
  • [Edit]

アトムパパさんへ。。。

こんばんは

「らい」と「ゆん」のお互いの絆は本当に強いです
どちらが欠けてもダメだろうなぁと思います

なので本当に今回は良かったです
  • posted by 「らい★ゆん」ママ
  • URL
  • 2014.10/27 23:52分
  • [Edit]

ルビーままさんへ。。。

こんばんは\(^▽^)/!

> らい君、手術よくがんばりましたね!
ありがとうございます♪
本当に、投薬中も最初だけ嫌がったけれど
真剣に飲まないとダメと伝えたら
次からは、いつも一回で飲んでくれました
話を理解している子なのですが
飲むと倦怠感があることに気がついていたとしたら
ママが毒飲ませてると思ってるかなぁ
なんて思ったりして辛かったです
でも飲ませるしかないので、
飲んだ後は、沢山褒めてあげました(๑≧౪≦)

> ゆんちゃんは苦手な病院なのに、らい君が中で
> 頑張ってるのがわかるんですね。
> 病院に入りたいって行動するなんてー。(涙)
「ゆん」は、「らい」がキャミック行ったときも
気にはしていたけれど
手術をした日ほどではありませんでした
やはり、何かを感じていたのでしょうね
とても不思議です

ルビーままさんと、ルビーちゃんが来てくれたので
本当に楽しい時間を過ごせたので嬉しかったです
なかなか、あんな風に盛り上がれないですですから・・・ヾ(*´∀`*)ノ

是非、私もリンクさせてください
これからもよろしくお願いします
  • posted by 「らい★ゆん」ママ
  • URL
  • 2014.10/28 00:02分
  • [Edit]

チャペルちゃんママさんへ。。。

こんばんは

ご心配お掛けしました
「ゆん」は、手術の時は異常に執着していたので
検査とは違う何か危機感を持っていたのでしょうね
二人にしかわからない、繋がっているものがあるのかな?

私の場合、強いと言うより
私が泣いていたら「らい」「ゆん」が心配して却って良くないし、
代わりに病院で話を聞いてくれたりする人はいないもの(^_^;)
生きていてくれないと困るから必死だったって感じです
泣いている間にも病気は進んでしまうから
そうなったら、私が悪化させてることになる気がして・・・
泣くのは、いつかいなくなってしまったら
そこから一杯時間はあるしね

もうすっかり良いので、お散歩行こうね
  • posted by 「らい★ゆん」ママ
  • URL
  • 2014.10/28 00:08分
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by
  • 2014.10/30 14:12分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

「らい★ゆん」ママ

Author:「らい★ゆん」ママ
初めて犬を飼い、色々な壁にぶつかりながらも、大切なかけがえのない愛しい存在になり充実した日々を送る飼い主です
「らい」♂2001年4月11日生
「ゆん」♀2001年8月22日生
「らい★ゆん」の子(別居)
「みらい」♀2003年2月4日生
「きらら」♂2003年2月4日生

「らい★ゆん」プチ情報♪

FC2カウンター

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -