「らい★ゆん」ママの独り言!

毎日生活に追われて忙し日々・・・そんな心を癒してくれるパピヨンラブラブカップルの「らい」「ゆん」との生活での独り言。

Category [犬の健康管理 ] 記事一覧

スポンサーサイト

シニアわんこのための情報Ⅴ

『犬の肥満』について肥満とは、余計な脂肪の蓄積によって体脂肪率が増加した状態のことです。肥満の原因としては、 ○遺伝 ○運動不足 ○高カロリーの食事の摂取などが挙げられます。また、不妊手術後にホルモンバランスが崩れ、太りやすくなることもあります。老齢になると、運動量が低下し、必要なエネルギー量が少なくなるので、若い頃と同じ食事量を与え続けてしまうと余分なエネルギーを脂肪に換えて体に蓄積して太る傾向が...

シニアわんこのための情報Ⅳ

『犬の腫瘍』について犬も高齢になってくるとがんの発生が多くなります。胸やお腹の中のがんは見た目ではなかなかわかりません。でも、体の表面にできるがんについては日頃からスキンシップをしたり、体をよく触ってあげることで早期発見することができます。○乳腺腫瘍  いわゆる乳がんで、乳頭周囲の皮膚の下に豆粒や米粒  くらいのしこりが触れたら要注意です。  犬の場合、良性と悪性の確立はほぼ半分と言われています。...

シニアわんこのための情報Ⅲ

今回は『腎臓病』について・・・腎臓の主な機能は、体に不必要になった老廃物や毒素を尿と一緒に排泄することです腎臓の機能が低下すると十分に排泄できなくなり(腎不全)、全身の臓器にさまざまな障害を与えます ○初期症状   元気や食欲が低下   飲水量の増加   薄い尿を多量に排泄 ○進行症状   体重減少   貧血   下痢   嘔吐 ○末期症状   けいれんなどの神経症状高齢の犬に起こる慢性的な腎不全は、完...

シニアわんこのための情報Ⅱ

今回は、心臓病について。。。先日「みらい」も診察で心臓が良くないと言われてしまいましたまだまだ、薬を飲むほどではありませんが・・・これから先気をつけないとです【犬の心臓病】心臓病はシニア犬ではよく見られる病気です。特にマルチーズ、シーズーなどの小型犬キャバリア等の犬種では僧帽弁閉鎖不全症という病気が良く見られますこれは、左心房と右心室という二つの部屋を仕切る僧帽弁という弁が変性し、弁のしまりが悪く...

シニアわんこのための情報Ⅰ

昨日、「らい★ゆん」が通う保育園と同じ会社が経営している病院に届いた冊子をいただきました『シニアわんことのハッピーライフ』これは、千村動物病院が監修して、ノバルティス アニマルヘルス㈱が作成したものです色々書いてあったので、少しずつ抜粋して紹介していこうと思います病院に置いてあったら、もらった早いですが。。。手元にない方用に・・・○シニアって何歳から?最近では、小型犬では20歳近くまで生きる犬もめず...

左サイドMenu

プロフィール

「らい★ゆん」ママ

Author:「らい★ゆん」ママ
初めて犬を飼い、色々な壁にぶつかりながらも、大切なかけがえのない愛しい存在になり充実した日々を送る飼い主です
「らい」♂2001年4月11日生
「ゆん」♀2001年8月22日生
「らい★ゆん」の子(別居)
「みらい」♀2003年2月4日生
「きらら」♂2003年2月4日生

「らい★ゆん」プチ情報♪

FC2カウンター

最近の記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。